« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

ギリギリのやさしさ

8歳のシーズーを引き取ってくれないかという相談電話がありました。

---------------------------------

「もしもし、あのぉ、犬の貰い手探しをしている方ですよね?」

「はい、そうですが」

「犬を引き取ってもらえませんか?」

「どんな犬なんですか?」

「シーズーです。メスで8歳です」

「事情をお話くださいますか?」

「離婚した元旦那が8年前にオスとメスのペアで仔犬を買ってきたんです。子どもを産ませたらお金になるからって。けっきょく子どもは産ませなかったんですけどね。その後いろいろあって離婚して、元旦那は犬たちを置いて出ていきました。私は別に犬は好きじゃないんだけどしかたないから世話はしていました。今年の春、オスのほうが心臓病で死んで、メスだけになりました。で、再婚することになって、犬を連れていくわけにはいかなくて」

「再婚相手の方、犬は嫌いなんですか?」

「いえ、連れてこいって言ってます。でも私がいやなんです、元の旦那が買ってきた犬を新しい生活に連れていくのは」

「事情はあるでしょうが、8歳になっていると貰ってくれる人を見つけるのは大変ですよ」

「やはり、そうですか・・・」

「健康ですか? 避妊手術やワクチンや狂犬病の注射やフィラリアの予防はしていますか?」

「いいえ、なんにも」

「決まったトイレは使えますか?」

「いえ、おしっこやうんちは外でしています。ドアを開けてやると出ていって自分で好きなところでしているみたいです」

「しているみたいってことは、いっしょについていかないんですか?」

「ええ、済んだら帰ってきます」

「道に出たりしないんですか?」

「出てもすぐに帰ってきます」

「危なくないんですか? 車とか」

「そんなに車は多くないですから。帰ってきたらお尻と足を拭いてから家に入れます。そのままだと汚いから」

「なついていますか?」

「元旦那にはなついていたけれど私にはそんなに・・・。私が寝ていると布団に乗ってきますが、たまに顔をくっつけようとするといやがって離れていきます」

「食べ物は何を?」

「朝はドッグフード。夜は私のごはんから分けていろんなものを。リンゴが好きでたくさん食べます」

「犬にリンゴはあまりよくないですよ」

「え? 毎日たくさん食べてました。今日からやめます」

「人間の食べ物を分け与える生活が長いし、なにも病気の予防をしていないし、同じ生活をしていたオスのほうが今年死んだってことは、そのメスもそんなに長生きはしないと思います。あとほんの何年かだけと考えたら再婚生活に連れていってもいいんじゃないですか? 相手の方もいいよと言っているんだし」

「なんかすごくいやなんです、今までの生活を引きずって再婚するのが」

「新しくスタートしたいっていうのはわかるけど、家具を一新したり、部屋を模様替えしたりとは違うでしょ。犬は生き物なんだから」

「だから困っているんです。知り合いに貰ってくれる人はいないし。保健所に連れていったんです今日。そしたら、もう一度よく考えてって言われて帰ってきました」

「保健所に渡すとどうなるか知っていますか?」

「殺すんでしょ?」

「どんなふうにか、知っていますか?」

「ガスとかなんとか聞きました。苦しむんですか?」

「苦しみます」

「死んだあとは1匹ずつのお墓に入れてくれるんですか?」

「お墓なんてないです。1匹ずつ殺すわけでもないし、1匹ずつ供養するわけでもないです。まとめて殺して、まとめて焼いて、あとはゴミです」

「ゴミですかぁ・・・」

「8年間いっしょに暮らして、別にベタベタ甘える犬でもない、トイレも勝手に済ませるならそんなに手間のかかる犬でもない、再婚相手もいいよと言っている・・・連れていったらどうです?」

「どう考えてもいやなんです。貰い手がないなら保健所にやるしかないですかねぇ」

「再婚生活に邪魔だから犬を保健所にやったと相手の男性が聞いたら、どう思うでしょうね。そんなひどいことをする女なのかと気持ちが冷めるんじゃないですか? あなたの人間性に疑問をもちますよ。こんなことを言ってはなんですけど、再婚してもまたいつか破綻しますよ」

「相手には貰い手が見つかったって言おうかしら」

「ウソをつくの?」

「ウソはつきたくないけど」

「保健所にやった後悔と、彼にウソをついた後悔と、そんな後悔を抱えて再婚しても幸せにはなれないでしょ」

「そうですけど・・・じゃ、どうしたらいいんでしょう」

「連れてきていいと言っている彼と犬のこと話し合ってください。あなた一人の問題じゃなくて、新生活の問題なんだから。犬なんか連れてくるなっていう彼ならあなた一人の責任と覚悟で犬を保健所にやってもいいけど、彼は犬を連れてこいって言ってる。彼の意見を聞いてみるべきですよ」

「そうですねぇ・・・。話し合ってみます」

「私が思ったこと言っていいですか?」

「はい」

「あなたの話を聞いて、最初は腹が立ちました。なんて身勝手なんだろうって。自分さえ幸せになればいい、そのためには犬が邪魔だっていう言葉にとっても腹が立ちました」

「そうですよねぇ」

「でもね、途中から変わりました。犬がかわいそうじゃなくて、あなたがかわいそう」

「え?」

「あなたは馬鹿みたいに正直。自分の幸せのためには犬はいらないって平気で言ってしまえる。それ、ものすごく本音だと思う。初めてお話する私に対して、包み隠さず本音を言っている。犬に対してもきっと正直なんだと思う。おまえなんか邪魔だ、おまえなんか死んでもいいって。ひどい飼い主ですよね。でも、殺すことに悩んでいる。悩んだりせず平気で保健所に渡す人もたくさんいるのに」

「平気で保健所に渡す人、たくさんいるんですか?」

「いますよ。悩むことも迷うこともなく平然と保健所に連れていく人」

「そうなんですかぁ」

「それを受け取らなければならない保健所の人の気持ち、考えてください」

「いやな仕事ですよね」

「保健所の人にいやな仕事はさせないでほしいです。こんないやな仕事は1匹でも減らしてあげてほしいです。もし彼と話し合ってやっぱり処分だとなったら、保健所じゃなく、どこか薬で死なせる動物病院を見つけて、あなたの目の前で死なせてください。それが8年間飼った者の責任の取り方です」

「そういうことをしてくれる病院もあるんですか?」

「今はなかなかないですけど、探せばあります」

「探してみようかなぁ」

「あなたは犬をどう処分するかばっかり考えている。犬に対しての愛情はまったくない。もしあなたに飼い続けられても犬は幸せじゃないと思う。でも、再婚相手によってもしかしたらあなたは変わるかもしれない。あなたがかわいがらなくても彼が犬をかわいがるかもしれない」

「ん~、どうかなぁ。やさしい人ですけど」

「やさしい彼なら、なおさら。犬を始末して身軽になってやってくるあなたをどう思うでしょう。そうか、すっきりしてよかったな、と言う人に一生ついていけますか? あなた」

「・ ・ ・ ・ ・ ・」

「少なくとも、犬を処分することを最後の決断ギリギリのところで悩んでいるあなたは、平気で犬を保健所にやる人よりずっとやさしい人。そのやさしさを失わないでほしい。そのやさしさを失ったらあなたダメになっちゃいますよ。そのやさしささえあれば、どんなに苦労したとしてもあなたは幸せになれるから」

「そんなふうに言ってもらえると、なんだかうれしいです」

「一人で悩まないで。彼と相談して。またその結果を私に相談して」

「はい、わかりました」

「犬を殺すのは簡単。でも、それをしたら一生あなたの心の傷になるから。これから再婚して幸せになろうっていうのに、そんな傷をもってっちゃいけない」

「そうですね・・・・・・。ありがとうございます。なんというか・・・なんだかすごく気持ちが変わりました」

「じゃ、彼と話し合ったあと、必ずまた電話くださいね、必ずですよ」

「はい。また電話します。ありがとうございました」

----------------------------------------

電話していたのは20分間くらい。細かいやり取りは省略しましたが、会話の内容をほぼ忠実に書きました。

みなさんはこれを読んでどう思うでしょうか。

犬を保健所にやるのは簡単。犬を私が引き取るのも簡単。知りません勝手にしなさいと言って電話を切るのも簡単。

でも、簡単に終わらせたくはないと思いました。犬1匹の命がそんなに軽いものじゃないってこと、この人にわかってほしいから。

愛してくれない人に飼われて犬は不幸です。

でも、この人の心にギリギリのやさしさがあるのは犬のおかげ。

それだけでこの犬が生まれてきた意味と8年間飼われた重みがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| コメント (2)

2009年10月26日 (月)

モトコちゃん 飼い主募集中♪

Motoko3
おうち決定♪
仮名モトコちゃん
種類:ラブラドールのミックス
年齢:2008生まれ(推定) 2009/10現在1歳くらい
性別:メス(未避妊) ※譲渡後に避妊手術をお願いします
体重:2009/10現在20キロ
体調:検便済、フィラリアマイナス
紹介
ガリガリ痩せの状態で保護されました。ゴツゴツと骨が透けてみえる現在で体重20キロ。ふっくらしてきたら25キロちょっとになると思います。
ラブラドール・レトリバーにハウンド系の血が混じっているようで、とても手足が長く、胴体も長いスマート体型です。
体は大きいですがまだ子どもっぽさが抜けていないとっても甘えっ子で、人にぴったりくっついているのが好きです。
立ち上がって人に抱きついてハグしたり、人のヒザにあごを乗せてじっとしたり、かわいらしい仕草で甘えます。
まだなにも教わっていないので、1から教えて大切に育てたい家庭にぴったり。
お見合いいつでもオーケーです。
大きなおとなしい犬を待っているご家族、よろしくお願いします。

条件:
●三重県および隣接府県にお住まいの方。
●動物飼育可の住居にお住まいの方。
●脱走防止対策を必ずしてくださる方。
●毎年のワクチン・フィラリア予防薬、そのほか必要なときに医療を受けさせてくださる方。
●避妊手術をしてくださる方。
●保護中の医療費実費分をご負担いただける方。
●お見合い・お届けのガソリン代の実費分をご負担いただける方。
●終生、この子を家族の一員としてかわいがってくださる方。
●誓約書に署名していただける方。

お問い合わせ:
下記項目を送信してください。
●件名「飼い主募集・モトコちゃん」
●住所(府県名・市町村名) 
●氏名 ●電話番号 ●家族構成(それぞれの年齢も) ●持ち家か賃貸か
●飼育経験 無・有(何匹・何年間・いつ頃など) 
●他、この子を気に入った理由や自己紹介をお願いします。


2009年10月25日 (日)

フィラリアについて話しましょう

フィラリアの基礎知識、予防のポイント、もしフィラリア症になってしまったらなど、ぜひ知っておきたいことをお話します。

お気軽にご参加ください♪

091101meeting

| コメント (0)

2009年10月22日 (木)

高齢者と犬

70代夫婦が仔犬でラブラドール・レトリーバーを買い(飼い)、大きくなったとたん「体力的に無理だ、もう飼えない」と飼育放棄。

買うほうも買うほうですが売るほうも売るほう。

販売時の説明はきちんとされていたのでしょうか。

「大きくなりますよ、体重30キロは越えますよ、しっかりコントロールできないと散歩にも連れていけませんよ」。

言うべきことを言っていれば購入をあきらめたはず。

それとも、「どうにかなりますよ」とでも言ったのでしょうか。

あるいは、「大丈夫、これまでも犬はたくさん飼ってきた、体もまだ丈夫」と購入者側が言うのに押し切られたのでしょうか。

売ってはいけない犬を売った。

買ってはいけない犬を買った。

飼育困難は最初からわかっていたこと。

犬も不幸ですが、飼えると思った犬を手放さざるをえない高齢者もまた不幸です。

かわいがってきたに違いないですから。

環境省の「譲渡支援のためのガイドライン」のなかにもマッチング(どのような人にどのような犬が向くのか)の大切さが示され、次のような留意点があります。
・居住環境
・住居
・家族構成
・ライフスタイル
・飼いたい理由
・年齢
・飼育経験
・飼育環境
・先住動物と相性
ペットショップでは販売時に犬の説明をする義務はあるけれど、その犬が購入者に飼える犬なのかのチェックは行われません。
大型犬でなく小型犬だとしても、高齢者に仔犬を販売するのってどうなのでしょう。
犬の平均寿命を15歳とした場合、購入者は自分の年齢に15を足した将来をイメージしなければ。。。
今は充分に健康だとしても、15年先に健康でいるとはかぎらない。
高齢者は犬を飼うなと言いたいわけではありません。
高齢者こそ、生活の伴侶として犬が必要だと思います。
だからこそ、飼える犬を選んでほしい。
途中で飼育放棄したり、自分亡きあと愛犬をハチ公にしないためにも、仔犬が欲しい若い犬が欲しいという気持ちを一度じっくり考え直してほしいと思います。
70代夫婦が飼育放棄したラブラドール、50歳夫婦の家族になることが決まりました。
50歳夫婦にとっては生涯で飼う最後の大型犬になります。
それをきちんと自覚されているご夫婦のもとで、ラブは第二の犬生をスタートしました。
Loveo

| コメント (0)

2009年10月13日 (火)

やさしさの3日間。。。

[いぬねこアゲマス相談]の3日間、おいでくださった方たち、サポートの方たち、
みなさんありがとうございました。

犬や猫、小さな生き物に対するやさしい気持ちにたくさん出会えました。

さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

あわただしかった3日間が終わり、かたづけが済んだとき、保護仔犬ダイゴくんの飼い主さんからメールが届きました。「とっても元気です」と。

今年お盆の頃に保護した3ヶ月仔犬は、ぐったりして立ち上がる力もありませんでした。

ダニが運ぶバベシアという病気にかかっていました。

点滴、輸血、強いお薬の注射、、、弱々しい仔犬は治療に耐えて命を取りとめました。

バベシアは完全には治りきらないこともある病気です。

また再発する可能性もあります。

それを承知で仔犬を迎え入れてくれた家族から、

「日に日にやんちゃ坊主になっています」

「とても賢い子で、お手・おすわり・ふせ・待て・ハウスなどあっという間に覚えました」

「おなかを見せてふんぞりかえって眠っています」

「そんな姿を見るたびに笑ってしまいます」

という近況報告。

譲渡活動は心配の連続です。

元気だろうか、幸せだろうか、飼い主さん困ってないだろうか、悩んでないだろうか。

そんな日々のなか、「元気にしてます」という連絡ほどうれしいことはほかにありません。

たくさんの人のやさしい気持ちにふれた3日間の最後にダイゴくんの近況を受け取ったのは、どの子にもダイゴくんのような幸せをという天からのメッセージなのかも。

ダイゴくんの写真から、元気をもらいました。

ありがとう~♪

Daigo

おもちゃをかじって遊ぶダイゴくん。

乳歯から永久歯への生え変わりで、噛み噛み魔になっているんだそうです(苦笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| コメント (2)

2009年10月11日 (日)

アゲマス相談 開催中♪

2009年10月10日(土)・11日(日)・12日(祝)の3日間、

[いぬねこアゲマス相談]を開催!

新しい家族を待っている犬たち猫たちを紹介するとともに、

どんな子を選んだらいいの?の相談にのります。

◆時間 12時~17時

◆場所 園芸店[花の庭] 

      国道23号線「村松町1」交差点近く(伊勢市村松町・明野飛行場の海側)

Ichiro

え? 僕もぉ~? by イチロー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

| コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »