« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月24日 (火)

ボランティア体験会 3日目

2日間連続で犬たちの散歩、Kさんありがとう~♪

今日もたくさん犬欲しいの方が来てくれました。

捨てられる犬たちの現状をお話しするとみなさんとても驚かれます。飼育放棄、ブリーダー廃棄、迷子放置、猟犬遺棄。そんなことがあるなんて信じられないと言い、涙をこぼす方もいます。

大切に犬を飼っている方にとっては聞きたくないと思うようないやな話つらい話かもしれません。話を聞いたショックで気落ちされている方を見ると、耳に入れなければよかったかな~と思うこともあります。

でも、これが現実です。目の前でしっぽを振っている1匹1匹はみんな、飼い主から見捨てられたのちにここに来ています。

なぜそんなことが延々と続くのか、なぜ捨てられる犬たちがあとを絶たないのか、少しでも考えてもらうきっかけになればと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遺棄された猟犬のチャイくん、明日から新しい家族の元でお試し飼いスタートです。

山の中を走り回って猟の手伝いをしていたチャイに、これからはゆっくりのんびりと暮らす日々を送らせてあげたい。でも、退屈すぎるのはチャイには物足りないかもしれないから、新しいおうちのおじいちゃんが大切にしている畑の番がチャイの仕事です。タヌキが来たら吠えなさい、イノシシの匂いがしたら吠えなさい、畑を守っておじいちゃんに誉めてもらいなさいね。

Chai6

こんなやさしい顔をしているチャイだけど、イノシシ見たら猟犬の血が騒ぐよimpact

| コメント (0)

2009年11月23日 (月)

ボランティア体験会 2日目

どんよりと曇り空で寒い日でしたが、Kさんおやつの(人間用・笑)焼き芋持参で犬のお散歩ありがとう♪

今日は、柴ポメMixのウッチーちゃんとミニチュアダックスフントの幸太くんが新しいおうちへ行き、お試し生活をスタートしました。

ウッチーは60代ご夫婦のもとで室内犬になります。

今まで外にいたからいきなり室内じゃ不自由や不安があるだろう、最初は半屋内の洗濯室で少しずつ慣らして、ウッチーが自分から室内に入りたくなったらいつでも入れてあげる、自分たちのおかず減らしてもウッチーにおいしいもの食べさせてあげるってご主人さん言ってました。

Ucchy091030

畑を荒らす野良犬と誤解されたウッチーの保護直後の写真。悲しい顔をしていました。

控えめに甘えるウッチー、これからはもっとたくさん甘えていいよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寒がり幸太は新しいおうちでさっそくこたつに潜り込んでいるんだって(苦笑)

呼ばれ方が変わるときっと困っちゃうよねと新しいおうちの娘さんが心配して、音は「幸太」の「こう」のまま、「虹」という字で「こうちゃん」の名前を考えてくれました。

パパさんは、今までたくさんの犬のなかで暮らしていた虹ちゃんがさみしくないようにと、犬の鳴き真似をしたり犬の動きの真似をして遊んでくれているそうです。

人見知りだから馴れるのに時間がかかるかなと気になっていたけれど、初日からご家族みんなのヒザの上で丸まってうとうとしているそうなので、安心しました。

Ikokota091017

虹ちゃん、いっこうにも幸せ分けてあげてね。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親子さんで来てボランティアに関心をもってくれた方、保護猫のことを一生懸命に考えているWさん、ポスター作りに励んでいるMさん、みんな自分にできることコツコツやっています。

空は雲っていたけれど、心は晴れ!の一日でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| コメント (0)

2009年11月22日 (日)

ボランティア体験会 1日目

北風が冷たいなか、Hさんありがとうございましたscissors

犬たちみんな甘えたがりで人恋しいので、遊んでもらって大喜びでした。特にモトコさんは「遊んで~遊んで~」のお子ちゃまなので、今日は楽しい一日だったようです。バベシア兄弟も久しぶりにジャンプ大会できて、いいストレス発散になりました。

誰にでもわかるよう便宜上「ボランティア」という言葉を使っていますが、「ボランティア」という言葉はなんか固い感じがするし、イメージとして、崇高で気高くて清らかな“立派な行い”みたいで気恥ずかしく、実は「ボランティア」という言葉にはずっと違和感を感じています。

“立派な行い”なんかじゃなく、当たり前のことなのに当たり前になっていないことをどうにかしたいな~って、ただそれだけなんだけどね。。。

かといって「ボランティア」に代わる適切な言葉も見つからないのですが。。。

ボランティアまたよろしくお願いしますというよりも、また来てくださいね~・・・ですcoldsweats01

Kotaikko091022

小さめダックス幸太くん、今日からお試しスタート♪

このなかよしコンビも見納めです(愛)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| コメント (0)

2009年11月20日 (金)

ウサギモ

最近、捨てウサギが増えています。

買ってきたけれど、ちゃんと世話をしないので臭い、ちゃんと相手をしないのでストレスがたまって騒ぐ、ちゃんとケアをしないので病気になる、ちゃんと考えてあげないので仔ウサギが産まれてしまう・・・そんなわけでイヤになって捨ててしまう人が急増しています。

ウサギは愛情をもって飼えば犬と同じくらい人の言葉を聞き分け、猫と同じくらい喜怒哀楽の感情表現をする知能の高い動物です。一度ウサライフの魅力にハマったら抜け出せないといわれているくらい魅力的な動物です。

「ゴハンおねだり」「遊んで」「眠いの」「おなか痛いよ」・・・ウサギはたくさんしゃべります、声じゃなく仕草で。

ウサギを飼うには、その習性を理解しながら健康管理に気をつけてのんびり暮らさせてあげることが大切です。ウサギをきちんと診てくれる動物病院を飼う前に見つけておくことも大切です。

ということを書こうと思っていたら・・・「仔ウサギ産まれちゃった」という連絡が。安易にオスメスいっしょに飼っていたらしく  (-.-;)

クリスマスの頃には離乳するので、そうなれば新しいおうちへ行けます。

ウサギを飼ってみようと思う方、メールをお待ちしていますmailto

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| コメント (0)

ネコモ

heart犬だけでなく、猫もたくさん飼い主さん募集中です。

室内飼い・毎年ワクチン接種をお願いします。その他1匹ずつ別途にお願い事項があります。くわしくはご相談のうえで。気になった猫さんがいたらお気軽にメールをください。お見合い随時OKです♪

Koo

幸くん 2歳くらい 交通事故で3本足になったけど、めちゃ元気な茶トラ小僧

Shirokijichan5m

Shirokijikun5m_2

白キジ女の子と男の子の兄弟(3ヶ月と書いてありますが現在5ヶ月です)

Ginta4m090929

銀太くん チョ~人なつこい子です(現在4ヶ月) おうち決定♪

Shiromike1m

美人三毛ちゃん ふわふわ仔猫です おうち決定♪

Funekokossetujpg 

フネちゃん ちょびヒゲあるけど女の子です。前足が骨折したまま野良暮らしをしていました。骨折箇所はこのままにしておくより手術をしたほうがよさそうです。痛いのをガマンしてがんばって生きてきたフネちゃんを家族に迎えてくださ~い。おうち決定♪

ほかにも保護猫たくさんいます。メールにてお問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2009年11月12日 (木)

ボランティア体験会 開催

0911212223taikenkai

| コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

ワンワンワンの日

heart11月1日、ワンワンワンの日。

午後から冷たい雨が降りましたが、心のあったかい人が4組も来てくれました。

「あのぉ、犬、もらえるんですか?」とやってきた30代男性。

先に条件やお約束事をざっと話してから「順番に犬を見ますか?」と言ったら、「あ、今すぐに欲しいってわけじゃないんです。うち、静岡県なんです。出張でこっち来た帰りなんです」

「静岡県のどこですか?」

「浜松です」

「浜松には保健所と連携して犬の譲渡を積極的にやっているグループがありますよ。ぜひ、そこから犬をもらってください」

「そういうグループがあるんですね。知らなかった」

「保健所に問い合わせをしたらグループの連絡先を教えてくれるはずです」

「犬を飼いたいねって家族で話をしていたんです。飼いたいけどペットショップから飼うのはなんかいやだねって。よかった。保健所に聞いてみます。ありがとう」

---------------------------------

松阪市から来た家族3人組。仔犬のときから飼った犬を今年17歳で亡くしたそうで。

ミッキーを気に入って、しばらく遊んでくれました。

奥さん、また仔犬のときから飼うのが当然と思っていたみたい。

でも、ミッキーと遊びながら、「おとなになっている犬もいいね」とポツリ。

その言葉がものすごくうれしかったです。

---------------------------------

若いお母さんと小学生の息子さん。

少し前に親子3人で来てお父さんが鈴ちゃんを気に入ってくれた家族。

鈴ちゃんはお試し生活に行ってますと話して、ガクと遊んでもらうことにしました。

お母さんも息子さんもガクが怖くて近寄れない。

息子さんが「噛まない?」と聞くので、「噛まないよ、大丈夫。でも、犬にも気持ちがあるからいやなことされたら噛みたくなるよ。犬の気持ちを考えてあげたら大丈夫」

ガクは近くに来てほしくてワンワンと鳴く。

「もっと近くに来てって言ってるよ。近づいて、しゃがんで、さわってあげて」

お母さんと息子さん、おそるおそる近づいてしゃがんで、おずおずと頭をなぜようとする。

「初対面の人に頭をなぜられるのは犬は怖いの。上から手を出されると、ぶたれると思ってしまうから。下から手を出して、ノドや胸をさわってあげてね」

お母さんと息子さん、そっと手を伸ばしてガクの胸を指でさわる。

わ~、ふわふわだ~。毛がやわらかい~。

ガクはうっとり。

かわいいね~、もこもこだね~、あったかいね~。

指先だけでおそるおそるさわっていたのが、じきに手のひら全体でなぜて、次第に両手でガクのほっぺを包むようになぜて、お母さんも息子さんもかわいいね~かわいいね~とさわりまくって夢中。

(隣でモトコさん、スネてます・苦笑)

息子さんにとって初めての犬に、ガクはオススメですよー。

お父さん、毎日1時間ウォーキングするそうで、お散歩大好きなガクはいい相棒になりますよー。

息子さんがガクを飼いたい飼いたい言いました。

簡単に決めちゃいけないんだよ。家族みんなでよーく相談して、また来てね。

---------------------------------

ガクの説明をしている途中に一人で来てくれた女性。

順に犬たちを回って1匹1匹にやさしく話しかけてくれてましたね。

犬たちが喜んでいるのがわかりました。

お相手できなくてごめんなさい。また寄ってくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| コメント (1)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »