« 緊急災害時動物救援本部の支援物資募集 一時中断(転載) | トップページ | 緊急災害時動物救援本部 支援物資募集いったん終了 »

2011年3月28日 (月)

動物ボランティア

緊急災害時動物救援本部が発表している動物ボランティアの指針は以下のとおりです。
※緊急災害時動物救援本部の一員である公益社団法人日本愛玩動物協会HPより転載
http://www.jpc.or.jp/tohokukanto-daishinsai.html#volunteer

-------------------------------------------------

被災地でのボランティア活動
現在、被災地は余震、津波、放射能汚染などの二次災害の恐れがあります。
一般車両や関係者以外の立ち入りが制限されている状態ですので、現段階で突然ボランティアとして現地に赴いたり、救援物資を送ることが、更に被災地側の負担となる場合もあります。
皆様の善意を活かすためにも、まずは行政・社会福祉協議会などの担当窓口にお問い合わせの上、ルールに従っていただきますようお願い申し上げます。

大規模災害時の動物救援に際しては、ご自身の危機管理も含め、各自正しい情報に基づき、冷静な判断をしていただくことが大切です。ご協力をお願いいたします。

---------------------------------------
ボランティアの募集
救援活動開始に備え、「動物の一時預かり」「動物保護シェルターでの動物の世話」「動物や物資の輸送・運搬」などのボランティア募集を開始します。
以下の注意事項を承諾の上、所定の「動物ボランティア登録用紙」にて、ご登録をお願いいたします。ご登録いただいた方には、ボランティアが必要になった時点で、本協会より個別にご連絡させていただきます。
※動物保護シェルターについては、設置するかどうか、設置場所などの詳細は未定です。

<注意事項>
1.負担費用
(1)活動に際しての交通費・ガソリン代:自己負担をお願いします。
(2)宿泊費:宿泊が必要な場合には、原則として自己負担にて各自でご手配いただきます。
(3)飼育費用(一時預かりの場合):フード・ペットシーツなどの消耗品の費用負担をお願いします。

2.円滑な作業のために
(1)ボランティア保険については、加入に制限がございますので、個別にご案内いたします。
(2)原則として、事故などがあった際には自己責任となりますので、予めご了承ください。
(3)具体的な活動内容は、追って協会よりご連絡いたします。緊急災害時動物救援本部で定めたルールに従って活動いただきます。
(4)「動物の一時預かり」「シェルターでの動物の世話」ボランティアについては、その動物の飼い主が今後の飼育継続が不可能になった場合、新しい飼い主探しまでご協力いただく可能性があります。

3.その他
18歳未満の方は、保護者の承諾書を別途ご提出ください。


以上を承諾いただいた方は、次の入力フォームよりご申請ください。

>> 動物ボランティア申請フォームへ <<
--------------------------------------------------------


« 緊急災害時動物救援本部の支援物資募集 一時中断(転載) | トップページ | 緊急災害時動物救援本部 支援物資募集いったん終了 »